燃料電池についてもっと知ろう

燃料電池を知る

燃料電池の可能性

電池といえば、充電が出来ない使い捨ての一次電池と、充電することで繰り返し使うことができる二次電池の二種類があることは既に知られていることですが、ここに新しく燃料電池が加わります。
この燃料電池を簡単に説明するなら、水素と酸素で化学反応を起こし水を作り出すときに発生する熱量(エネルギー)をつかって電気を生み出す装置のことです。
これまでの電池は、蓄えた電池を使い切れば再び使うためには、外部から電力を供給して充電をするか、新しい電池に交換する必要がありました。しかし、燃料電池では水素と水さえあれば、自ら電気と熱を生み出してくれ、しかもその化学反応で生み出されるのは水なので、環境にやさしいクリーンな発電方法として注目を集めています。
現在では、一般居住住宅に燃料電池の装置が取り付けられたり、自動車では燃料電池自動車の開発がすすんでいます。
多くの企業や国が、クリーンな発電装置として燃料電池に注目しています。そのため企業や国では、燃料電池の利用のためい開発、研究が盛んに行われています。特に自動車産業では燃料電池を使った車の開発が進み、日本の自動車メイカーでも燃料電池自動車が生産されるようになりました。
また、欧州では、燃料電池を使った船舶の研究開発も進んでおり、日本でも、自動車以外での燃料電池の利用が始まりつつあります。
実際に燃料電池を使った船舶の実験もおこなわれており、今後の開発が待たれます。
燃料電池はこれらの私達人間にとって欠かせないものになるのか、少し考えていこうと思います。

燃料電池の仕組みについて

燃料電池は、新しいエネルギー資源として注目されていますが、ここで少し燃料電池の仕組みについてご紹介したいと思います。
まず、燃料電池ですが、電池とは言ってはいますが、発電機に近いものです。
私達の生活に欠かせない電気は、火力発電や原子力発電、水力発電などの方法で作られています。そしてこれらの発電方法は基本的に全て一緒です。熱を生み出し、その熱でタービンを回転させ、電気を生み出しています。
熱を生み出す方法はそれぞれの発電方法で違いはありますが、燃料電池もこれらの発電方法と同じように、自ら電気を生み出すわけです。
違いとしては、燃料電池は水素原子を酸素原子が結合して発生する熱と電気エネルギーを取り出す装置であり、水素と酸素が結合することで生まれる水は、環境を汚染するような物質が含まれていないという点があります。
クリーンな発電装置として燃料電池が他の発電装置よりも優れていますが、実際には、燃料電池はそこまで普及していません。その理由は、燃料電池が比較的新しい技術であるという点と、燃料となる水素は、自然界では大量に集めることができないため、人の手によって燃料となる水素を作り出す必要があります。
これらの問題をクリアすることが出来れば、燃料電池が新しい発電装置として、一般にも広く普及することができるのではないでしょうか。

燃料電池自動車のメリット・デメリット

燃料電池といえば、日本では燃料電池を使った自動車がもっとも認知度が高いといえます。各自動車メーカーが開発を行っていること、そして、実際に燃料電池自動車の販売も開始されました。
これに合せて燃料電池自動車とEV自動車の比較がよく取り上げられるようになりましたが、そもそも、燃料電池自動車にはどのようなメリットがあり、比較したときのデメリットは何か知らない人も多いのではないでしょうか。
そこで、まずは燃料電池自動車のメリットとデメリットを簡単に解説してみようと思います。
燃料電池自動車のメリットとは
・他の電気自動車よりも航続距離が長い
・走行にまったく音がしない。
・排気ガスを排出しない。
燃料電池自動車のデメリットとは
・コストが高い。
・水素ステーションの設備と普及が十分でない。
・ガソリン車と比較して航続距離が短い。
燃料電池自動車のメリットとして、現在広く普及しているEV自動車よりも航続距離の長さや走行時の音の少なさで燃料電池自動車が優れていることがわかりました。
いっぽうで、デメリットでは、ガソリン車と比較してコストが高かったり、ガソリン車と比較して航続距離が短いといった点、そして何より、燃料となる水素を補給する水素ステーションの数が足りていない点があります。
これから燃料電池自動車の普及が進めば、自然と水素ステーションの数も増えてくると思いますが、それにはかなりの時間が必要のようです。